シミがちらほら見られる

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミがちらほら見られるようになってしまいました。

元凶はあれしか考えられません。

太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。

子どもが生まれ、少し大きくなって平日は二人で、休日は夫と共に公園に行き、子供の大好きな遊具や砂遊びでご機嫌な時間を過ごします。

身支度はもちろん、子供が最優先なんです。

そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

ただ、シミのないお肌のためには、ディセンシアのトライアルセットによる外出時の日焼け対策は必須です。

これからはポケットに入れてでも、持っていくことにします。

たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのはその人の肌の性質によって違います。

簡単に言うと、シミができやすい肌があります。

詳しくお話ししますと、白くてきめの細かい肌質の事です。

見分ける方法としては、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。

美しい肌はそれだけ繊細なものです。

お肌のくすみの理由として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうとお肌の外側からいくらケアしても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。

コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンが糖化したと考えています。

お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてください。

くすみのない透明感のある明るいお肌に生まれ変わりたいという方は洗顔方法によって改善できるかもしれません。

くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質はいつまでも剥がれません。

そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、肌をみずみずしい状態に保てるよう保湿成分のある洗顔料で泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用すると効果倍増です。

お肌にできるシミには加齢が原因であったり、紫外線によるものが主な原因ですが、疾患がきっかけとなる場合もあります。

もし、いきなり目に見えてシミが増えたようであれば、何らかの病気を予兆していたり、病気が進行している状態という可能性もあるので、早急に病院で相談する必要があります。

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。

どうしてシワができるのかというと、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。

皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、これがシワの発生につながるのです。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり皮膚が乾燥すると、その影響をすぐに受けしまい、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。

それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減っていくばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、表皮に現れたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、その効果をいっそう実感できるはずです。

でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌に負担をかけるというリスクもあります。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大きく役だってくれます。

けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

ディセンシアのトライアルセットによるスキンケアだけでなく、美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。